人気No.1 WALRUS AUDIO JULIA-エフェクター

  • エネルギーエージェントサービス


    WALRUS AUDIO JULIA

    1999年にアメリカ海洋大気庁(NOAA)によって南太平洋海域で録音された原因不明のサウンドは"JULIA"と名づけられました。その不可解なサウンドは何千マイルもの広範囲で確認されており、どこにいても明確に聴き取れるものであったとNOAAは説明しています。JULIAは水の神のような存在であり、その哀愁をもった叫びが彼女の「声」であると信じる人もいます。Walrus Audioのアナログ・コーラス JULIAは彼女のミステリアスなパワーをイメージした製品です。

    JULIAの機能面での最大の特徴は"Lag"コントロールです。LagノブではLFOエフェクト・モジュレートのプリディレイを調整でき、短く設定するとスムースでタイトなモジュレーション(フランジャー的なサウンドも)、長く設定すると深いモジュレーションが得られリッチなサウンドになります。Lagノブの追加により、JULIAはトラディショナルなアナログ・コーラス/ビブラートの演奏表現に、新たなディメンションを追加する事に成功しています。

    また多くのモジュレーションペダルでは、コーラスとビブラートをスイッチやモードで切り替えるタイプのものが多い中、JULIAではドライ信号(左回し切り)~コーラス(真中)~ビブラート(右回し切り)のブレンド比率を無段階で可変できるようデザインされています。ドライ位置~真中の間でノブを調整する事で、ドライ信号の比率が自在に調整できます。歪みペダルやE.ベースに使用する場合にも、最適なブレンド具合を調整できるため、自由度の高いコーラス・サウンドを追求できます。また同じく真中のノブ位置~右方向のビブラート・セッティングの調整では、コーラスからビブラート・エフェクトに変化していく中間的なサウンドが得られるため、今までに聴いたことのない様なコーラス/ビブラート・サウンドを演奏できます。

    さらに、LFOウェーブ・フォームをサイン波、またはトライアングル波で変更できる"WAVEスイッチ"は、JULIAにさらなる揺れ方のバリエーションを加えられます。トライアングル波形(スイッチが下向き)ではシャープなコーラス効果を、サイン波形(スイッチが上向き)ではより大きな揺れ感を演出できるため、ビブラート的な効果に最適です。

    その他、コーラス・ペダルの基本である Rateノブ(スピード)と、 Depthノブ(深さ)を装備しています。

    深いラベンダー・カラーのエンクロージャーとサーフグリーンのインク、JULIAをイメージしたイラストが、神秘的で美しいアナログ・コーラス・サウンドに色彩を与えています。

    ※在庫切れの際は、お取り寄せにお時間をいただく場合がございます。

    K&M スタンド ST149/1 バストロンボーン用 【本州・四国・九州への配送料無料】

  • 【即納可能】Suhr Buffer

    We're Hiring!

    Greer Amps Southland Harmonic Overdrive [Black&White]